2024年8月8日、泉ヶ谷 工芸ノ宿 和楽内に静岡茶をテーマにしたリラクゼーション施設「OCHA SPA」がオープンします。 | 宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園 2024年8月8日、泉ヶ谷 工芸ノ宿 和楽内に静岡茶をテーマにしたリラクゼーション施設「OCHA SPA」がオープンします。 – 宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

日本茶NEWS

2024.07.10

2024年8月8日、泉ヶ谷 工芸ノ宿 和楽内に静岡茶をテーマにしたリラクゼーション施設「OCHA SPA」がオープンします。

一般住宅、医院、クリニック、オフィス等の意匠設計・施工を主軸に、本社を構える人宿町エリアのまちづくり、「駿府の工房 匠宿」の静岡市指定管理業務、東海道の宿場町の面影を残す駿河区丸子泉ヶ谷エリアの開発などを行う株式会社創造舎(代表取締役:山梨洋靖)は、この度、「泉ヶ谷 工芸ノ宿 和楽」内に静岡茶をテーマにしたリラクゼーション施設「OCHA SPA」を開業いたします。
 

落ち着いた雰囲気のスパ室内

 
古くからお茶は薬草として用いられてきました。
近年では、飲むだけではなく直接肌に塗布することで美肌やエイジングケアにも効果があることが分かってきました。
OCHA SPAの開業にあたり、静岡を旅する方にお茶で心も身体も癒していただくことで、静岡の旅をより印象深いものにしていただけたらと願っております。また、OCHA SPAを通じて、旅行者に静岡茶の魅力を堪能していただき、静岡茶の価値を広めていくことを目指しています。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 


静岡産オーガニック茶を使用したスパブランド「NACHARAL」が監修


 
OCHA SPAは静岡産オーガニック茶を使用したスパブランド「NACHARAL(ナチャラル)」(代表・林夏子)が全面監修しています。お茶の新しい活用法の提案をしながら、培われてきた地域の茶文化を大切にし、小規模農家が次の世代へ茶畑を引き継げる支援をしています。OCHA SPAでは藤枝市や静岡市清水区の茶農家が大切に育てたお茶をトリートメントや呈茶に活用しています。
 
OCHA〜茶〜ボディトリートメント
90分 25,000円(税込)

<フットバス・ドライトリートメント・チャーバルボール・オイルトリートメント>
 
 


新緑の茶園が広がるような、極上のリラクゼーション


 
静岡の地酒と塩のフットバスで足元から身体が巡りはじめたところで、ドライトリートメントを行い、身体を少しずつゆるめていきます。
身体全体がゆるんだところで、静岡のお茶やクロモジなど日本古来の薬草をブレンドしたオリジナルのハーブボール「チャーバルボール」で温めながらさらにほぐしていきます。
 


 
 
 
 
 
 
その後、ゲストの肌の状態にあわせてセラピストがチョイスしたオイルと茶の実から絞ったオイルをブレンドしたオイルを使用してセラピストの温かい手で包みこまれるようなオイルトリートメントを行います。巡りを促進するとともに、深いリラクゼーションに導きます。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
お目覚めの後は、ゆっくりと静岡県産の三年番茶を召し上がっていただきながら贅沢な癒しのひとときをお過ごし下さい。
 

 


施設の概要


 
名称:OCHA SPA(オチャスパ)
所在地:静岡県静岡市駿河区丸子3375-1
基本サービス:リラクゼーション施設
開業予定日:2024年8月8日(木)
予約:和楽公式サイトにて、7月8日から予約の受付を開始します。
詳細は和楽公式サイトをご覧 ください。
 
HP内 OCHA SPAページ  https://craftinn-waraku.jp/sparoom/
Instagram  https://www.instagram.com/ochaspa_waraku/

新緑園の通販商品ご紹介

Loading RSS Feed
最新の投稿(5件)

お茶×アートを楽しむ新ギャラリー「アートスペース福寿園」にて、中川周士 個展『茶の杜に惑ふ – 個細胞が見る夢 -』を開催します。2024年7月12日(金)~9月1日(日)

2024年8月8日、泉ヶ谷 工芸ノ宿 和楽内に静岡茶をテーマにしたリラクゼーション施設「OCHA SPA」がオープンします。

いいちこ×緑茶で「いい茶こ」 居酒屋を舞台にした縦型ショートドラマ『いい茶こ酒場ストーリーズ』4本を一挙公開!「いい茶こ体験セット」が100名様に当たるキャンペーンも

茶葉入り紙コップ 【 リーフティーカップ 】新商品[シトラス緑茶]をPOP-UPショップで試飲・販売

未来づくりカンパニーとクオン、“日本茶”がテーマのファンコミュニティを開設

カテゴリー
お知らせ
社長ブログ
スタッフブログ
メディア掲載
日本茶NEWS

過去の記事