茶匠のひとり言 | 宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園 茶匠のひとり言 – 宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

社長ブログ

2024.05.28

目に入るもの 

 

 

先日の都内行脚ご報告、その2。

 

 

 

 

地下鉄の広告。

 

 

何の広告なんだろう?

 

 

広告の扱われ方が、不遇な土偶

 

 

 

ある商社さんの打ち合わせでは、ビルの15階からパチリ。

 

 

 

「おれは、高いところに上がると少し興奮する修学旅行生か?」

 

と、59歳の自問自答。

 

 

 

 

 

そして商談を数件終えホテルに向かう途中で、開店直前の居酒屋の前を通過。

 

 

 

なんかこれは、インバウンド客、狙い過ぎてて・・・(^^)!

 

 

 

 

 

そしてアパホテルのフロントには、経営者のメッセージ。

 

 

 

特に商談後は、こんな言葉が身に染みる昭和チックな私。

 

 

 

そんな、硬軟、清濁、弛緩?、正否、なんじゃかんじゃ混在のTOKIOってやはりオモローですね。

 

 

 

 

 

 

 

2024.05.24

営業で筋トレ?&夕焼け

 

 

久しぶりのブログになりました。

 

 

 

非常に蒸し暑い都内に、営業に行っておりました。

 

 

長年のお取引先様に、右手にお土産のマンゴーや茶サンプルを持って。

 

 

 

 

左手にお湯入りポット、急須や茶器。

 

 

背中に大汗。

 

 

一日、この荷物を持っての移動は、山手線のトラブルで激コミも重なり、ハードな筋トレよりもかなり「ハーハー」でございました。

 

 

 

それでも商談が終わってホテルに向かう汗カキカキ営業マンを、新宿の夕焼けがホッとさせてくれます。

 

 

 

 

カオスな新宿の、一瞬の映えスポットでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024.05.03

ゆるり

 

 

GW。

 

新茶をお客様にご準備する側のお茶屋さんにとっては、まだピークが続くかな・・・・という時期です。

 

 

ぐずついた空模様も少しだけ晴れ間が広がり、茶園展望台「ミハルカス」からの眺めもなかなかオツな感じです。

(大阪のあべのハルカスも同じ様な主旨のネーミングでした)

 

 

 

 

 

 

 

ここに座ると・・・

 

 

 

ゆるり

 

 

 

の、時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、ねころばって(新富弁?)くださいませ。

 

 

 

 

 

 

2024.05.01

言えないけど、書けるとよ

 

 

「製造部原料課」と立派な?名前をつけたお茶の仕上げ部門ですが、製造部長、製造部員と私の3人で毎朝毎夜、新茶の仕上げや年間販売分の確保等々、踏ん張る毎日です。

(それをパッケージングする室長も、連日頑張ってくれています)

 

 

 

 

 

それで、新茶を1,2日に1品のペースで仕上げています。

 

 

 

 

 

今年の味の傾向は・・・・。

 

 

渋くなくて、美味しいと思います。

 

 

 

 

こういった中、毎年ですが仕上げるのが特にやっかいというか、難しいというか、気が重いというか、仕上げ中に自分の口数が減るお茶があります。

 

(去年もこの時期に、このことをこのブログに書いていると思いますが・・・)

 

 

 

香りが良いとか、旨味があるとか無いとか、原価がどうとか、去年に比べてどうだとか・・・。

 

 

何のコメントも自分からは発しない、誰かのコメントも求めない、自分が黙ってしまうお茶。

 

 

 

英語で言うところの、

 

「レア アイテム」

 

 

 

 

 

だから、自然とお茶に光が射してきます/笑

 

 

 

 

それにしても、あれこれ言えないお茶と言いながら、こうやってブログには書けるっ茶ね!

 

 

 

そんな、茶匠の独り言でした。

 

 

 

 

 

2024.04.27

踏ん張り時

 

 

最盛期です。

 

 

午前中はお茶の市場で、県内産の優良茶葉を選択。

 

 

 

 

 

 

生産者の方が懸命に作られたお茶を一つずつ試飲しながら、自社の販売にフィットする茶葉を選択。

 

 

価格、品種、味、香り、色、蒸し度、ブレンド比率、数量、納期、他社さんとの駆け引き等々ありながら、他社さんに負けないベストな一品を仕上げるためには、神経を擦り減らしながらの試飲になります。

 

 

 

 

そして午後からは、茶園に出動!!

 

 

 

 

空模様が心配で少しでも早く摘みたく、いてもたってもいられなくなって、葉の運搬係りととして軽トラで工場と茶園を往復。

 

 

 

そして夕方からは、工場で新茶の仕上げ。

 

 

 

 

 

 

毎年ながら製造部長も本当に踏ん張ってくれてて、頭が下がります。

 

 

 

 

あと2週間ほどの繁忙期かな。

 

 

 

1年間の味が決まる時期ですので、しっかりやり抜きます。

 

 

 

 

 

2024.04.18

個性と自由で、はみ出していきたい・・・

 

 

新茶を前に、女将が社員に向けてのミニお茶淹れ教室開催。

 

 

「せっかくお茶屋さんで、お仕事してもらっているから」

 

 

 

と、お店に出る人だけでなく、バックヤードで商品作りをしてくれているパートさんも含めてでした。

 

 

 

 

 

 

新茶前の準備を、もうひとつ。

 

 

 

茶園の展望台を、建設中です。

 

 

 

名称は、

 

 

「ミハルカス」

 

 

今月末に完成予定です。

 

 

良い「見晴らし」をご期待ください。

 

 

 

 

さて自社園では、いよいよ個性あふれる新芽が被せ(バロン)から自由に、はみ出していってます。

 

 

 

 

 

 

新しい茶業界のリーダーになれる様、頑張っていきます!!

 

 

 

 

 

 

 

2024.04.12

おもしろがる

 

 

いよいよシーズン到来です。

 

どんなにAIの時代になろうと、ChatGPTが人間以上の解答を時間をかけずに出そうと、ほぼ同じ時期に毎年、新芽が出てくる自然の摂理には、到底かなわないと思っています。

 

 

 

 

 

 

さて今日は、自社の収穫を前に仕入れも若干あるのでお茶の初入札会。

 

 

そしてもう数年以上になりますが、茶業者代表の挨拶。

 

 

誰も私の挨拶等、聞いていないし記憶にも残らないだろうとは思いながら、いざ皆さんの前に立つと緊張で早口になってしまいましたがね。

 

 

 

目線がどっちに行ってるか???だし、パーマネントもどうかなって感じですが、何とかお伝えしたいことは言えた挨拶でした。

 

 

 

さあ、これから、嬉しい事、楽しい事、悩ましい事、思うごついかん事、オーヘイ・ショータニ君(彼は全然横柄ではないですが)がトバクに一切かかわっていなくてベリースッキリする等々、アレコレありますが、それら全てを、

 

 

 

「おもしろがって」

 

 

やり抜きたいと思う、新茶の季節です。

 

 

 

 

 

2024.04.01

出会い

 

 

今日から新年度ですね。

 

 

 

最近暖かい日が続き、霜対策の夜中のスプリンクラーでの水出しも無くて、夜もぐっすり眠れています。

 

 

それで先日、西都原に行きましたが、桜や菜の花も一気に開いていました。

 

 

 

 

さて、これまでの1年間、販売してきた色んなお茶を、改めて飲みなおしをしております。

 

 

 

 

1年間、それぞれの商品を日々飲んでいましたので、全体的な傾向はこんな感じだなあ・・・と思いながらでしたが、新しいをお茶を迎えるにあたり、今年は「こんな感じにしたいな」と思うところもあります。

 

 

新人スタッフとの出会いもあった新年度。

 

 

(出会いとは逆で、昨日から県外に進学した娘が、昨夜と今朝、部屋にいないことが非常に寂しく思ったりもしています)

 

 

 

今年は、どんなお茶と出会い、お客様にご提案出来るだろうか?

 

 

ご期待下さい。

 

 

 

 

 

 

2024.03.15

穏やかな一日

 

 

春の蔵ざらえセール、2日目もお陰様で無事終わりました。

 

 

 

 

水出し茶3種の飲み比べ。

 

お客さまも驚きながら楽しまれ、私自身も新たな発見があったり。

 

 

 

 

 

店内が混雑したときに、店外で待機頂く際にお渡しする木札も、今日はあまり出番がなかったり。

 

 

 

 

 

 

 

あと2日間。

 

ピカイチ職人の工場長も、2部門を任せれる様になった若手も、「白髪パーマが似合うよ!」と言われるとご機嫌な社長も、皆様のご来店を心からお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

2024.03.14

ドラマ

 

 

少し肌寒いですね。

 

 

 

 

本日から日曜日まで、多くの商品が20%引きの春の蔵ざらえセールを開催しています。

 

 

 

 

店内も春爛漫の装い。

 

 

 

 

 

イベントごとの外の振る舞いも、毎回ご好評?頂いております。

 

 

 

その外での振る舞いですが、急須で淹れるお茶だけでなく、常温の水出し茶もご用意しております。

 

 

 

 

そして店内外では、30年ぶりに偶然会われた同級生の方や、今は亡き私の父と楽しくお酒を飲まれていた方、また20年来ご来店頂いているご夫婦の思い出話があったりと、温かく嬉しいドラマが生まれています。

 

 

そんなお店です。

 

 

80年代の洋楽をBGMにしながら美味しいお茶を飲みに、皆様お寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新の投稿(5件)

目に入るもの 

営業で筋トレ?&夕焼け

ゆるり

言えないけど、書けるとよ

踏ん張り時

カテゴリー
お知らせ
社長ブログ
スタッフブログ
メディア掲載
日本茶NEWS

過去の記事