宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

社長ブログ

2022.03.22

美しいです

 

 

春の蔵ざらえセール、始まりと終わりは雨も降りましたが、ほぼ影響なく無事終えることが出来ました。

 

今回も予想以上に多くのお客様にご来店頂き、心より感謝申し上げます。

 

 

さてコロナ対策で、店内のお客様の人数制限をさせて頂くために、外で待って頂いているお客様に春待ち茶を振る舞った4日間。

 

 

恒例のお客様とのやり取り・・・・。

 

 

 

 

長年お寄り頂いているお客様は、高校時代の御友人(悪友と言われておりましたが)と来られ、「いつもブログを読んでますよ!」と言われました(人生の先輩にそう言われると恐縮します)

このお方は、品評会等の受賞の際もいつも自分のことの様に喜んで頂けます。

 

また男性の方に「いつからお寄り頂いていますか?」とお聞きすると、「母が煎茶道を長年やっていて、やっと美味しいお茶に出会って10年以上、来ていますよ」とのこと。

 

「私、お客さんが来られるときは【まれもの】を氷出しでおもてなしします。あの甘さは格別ですよ」と言われた方も。

こういうお話をお聞きすると、ほんと、お茶屋冥利と責任でマインドが上がります。

 

「全日空のティーバッグ」をいつもはお茶を飲まない東京の息子さんに送ったら、「また送って!の催促がきたらか買いに来ました」と笑いながら言われたり。

 

 

若いお母さんが「三歳の息子が、新緑園のほうじ茶しか飲まないんですよ。よそのお茶を淹れたら全然飲まなくて・・・」(違いがわかる男に育ちますね)

 

全国的に有名なあるアッパー系大手スーパーの元バイヤーで取引開始の際に大変お世話になった女性。

今は転職で異業種にいらっしゃるのに、所要があったからとはいえ、関東から来られ茶園や工場見学をされました。

 

「香ばしい冬のお茶より、まろやかな春待ち茶が好き」と言われた方も。

 

「品評会受賞おめでとう」と、昨年の受賞祝いを数名の方に言って頂きました。

 

春待ち茶を飲んで、「あっ、春って感じ」と言われた方も。

 

 

帰られるお客様にお礼を言うと、「こちらが有難うですよ」と言われる方も。

 

 

「今度、職場(県病院)である学会の打ち合わせ中に、テレビで新緑園が日本一になったニュースを見て、学会の本番のおもてなしで使いました」と言われた方も。

 

ご年配のお母様を、両手で支えながらご来店される方も、数名いらっしゃいました。

 

 

 

 

皆様の会話も振る舞いが、なんか

 

 

 

美しいなあ

 

 

と思いながらの4日間でした。

 

 

 

 

そして最後に・・・。

 

イベントのポップというか店舗玄関前の表示。

 

 

担当社員が「蔵ざらえ」の「さ」の濁点を、手作りの桜の花びらの消しゴム印で押していました。

 

 

 

 

 

これも本当に美しい仕事です。

 

誰かの指示でなく、自分の発想でこういう仕事が出来る人は敬服に値します。

 

 

 

気が付くと、長文で自慢満載の社長でした。

 

すみません。

 

 

本日は以上ですが、ただ今pm4時。

 

 

品評会茶園に肥料まきに行ってきます!!

 

 

*全国茶品評会手摘み。

今年は4/16(土)am7時から行う予定です。皆さま一緒に日本一をめざしましょう!!

 

 

 

最新の投稿(5件)

(´∀`)

かーっ!!

ひたすら

どうかしていた・・・

春なのに、春だから

カテゴリー
お知らせ
社長ブログ
メディア掲載

過去の記事