宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

社長ブログ

2021.08.26

年齢の自覚

 

続けての降雨から、連続晴天となっている夏季終盤。

 

秋らしい落ち葉も道を彩どり始めましたが、朝夕少しは肌寒くなってきた・・・とは、まだ言えないですね。

 

 

 

 

秋を目の前にし、恒例の秋のお茶を製造。

 

旨みとまろやかさが重視の当社の茶葉を改めて比較し、少し涼しくなってくる頃を想像してブレンドや焙煎をします。

 

 

 

今年の4月の新茶の季節に準備した茶葉。

その中から、収穫の秋に美味しく感じるであろう原料を選択し加工しますが、今年は今年特有の茶質というか特徴があるので、焙煎は前年の焙煎温度を参考にしながらも、今年の物にフィットする温度を焙煎中に模索しながら仕上げます。

 

「おっ、よし!」

 

 

と、しっくりくるまで温度を少しでも上げ下げします。

 

 

まあ、これは普通で当たり前の仕事ですが。

 

 

 

さて充実の秋に向けて、来月で57才になります。

しかし良いか悪いか、60も近くなってきたのに年齢に対する自覚がほぼ欠けていると感じます。

 

やはりこれは、起きている時間と言うか意識のある中で、肌がつやつやする液体を自分のお顔に妻に強制的に塗らされる時間以外はあまり鏡を見る機会がなく、年齢なりの白髪や禿げ上がりを視覚的に見る時間が少ないからだろうか?

 

それとも、内面的な熟度が進んでいないのか?

 

 

最近、57才男性の婚活の活動ドキュメントと、20代大学生の貧困の実態が書かれた本を2冊読みましたが、自分の年齢って世間のポジションや認識はこの位置なんだ!と痛感しながら、それでもそれに抗っていこうと再認識したり。

 

 

まあ、こんなことを思いながら旨くて香りの良いお茶を作っています。

 

 

 

 

 

2021.08.04

旨みと感度

 

夏は暑い。

 

だから「夏のお茶」を、水出しでご案内しています。

 

 

ところで当店のお茶は、渋みや苦味が少なく、旨みや甘味があると言って頂きます。

 

旨みとは、料理で言うところの出汁(だし)みたいなもので、昆布や椎茸に含まれるグルタミン酸の一種から感じられる味わいです。

 

お茶ではそれが「テアニン」という成分に含まれており、リラックス効果があったり質の良い睡眠が取れると言われています。

 

 

この品質の勝負の分かれ目は、その様な旨みのあるお茶を4月から5月に数ある新茶の中から、いかに選択するかにかかっています。

良い物を選んでおかないと、いくらブレンドや焙煎に工夫をこらしてもそれ以上のお茶にはなりませんから。

 

 

 

 

 

そして仕事が終わって。

 

時々、夕方には車で10分の西都原古墳群でジョギングをしております。

 

ここは緑に囲まれて、運動するには最良の環境です。

 

 

 

こうやってまだまだ感度を高めておくために、年齢的に錆びない様に、腹を引っ込めて心は出っ張る様に、心身のブラッシュアップを図っています。

 

 

小さな悔やみや反省を繰り返しながら、しかし繊細さも生かしながら、日々頑張ります。

 

 

 

 

最新の投稿(5件)

気持ちいい

地道

日本一を目指して

うれしいこと、たくさん

年齢の自覚

カテゴリー
お知らせ
社長ブログ
メディア掲載

過去の記事