2023年6月|宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園 茶匠のひとり言 – 宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

宮崎の日本茶専門店(お茶・緑茶)新緑園

社長ブログ

2023.06.22

得意なこと

 

 

こんにちは。

 

小さな社長室から雨間の青空を眺めながら、ふと、思ったところです。

 

 

 

 

同じ社内にいても、20人にも満たない我がスタッフと朝夕の挨拶を交わす以外は、会話が足りていないなあと。

 

みんな、私的なことまで毎日深く聞かれてもそれはそれでたまらんだろうし、会社の長とは話しにくさもあるかもしれんけど。

 

けど、足りてないなあと。

 

 

 

それで各部署の中でもお茶を袋に詰めるパッケージ室は、会社では一番奥の別室にあるので、よけい会話の機会がゼロになりがちです。

 

 

ですからブログを口実に、声掛けしたところです。

 

 

 

 

 

 

みんな、黙々と仕事をしてくれています。

 

 

 

(異物混入が無いかの確認作業をしながら、器用にVサインをしてくれました)

 

 

 

 

 

私は実は、1つの事を黙々と続ける力に欠けるので、仕事とはいえ、彼ら彼女らの仕事ぶりには非常に助けられています。

 

 

じゃあ、自分の得意技って、何だろうと思います。

 

 

一つは、休みの日の草刈りかな?

 

この前の日曜日も、雨季で大きく伸びた草を音楽を聴きながらきれいに1時間半、刈ったところです。

 

 

その作業をしながら音楽を聴く際の、イヤホン。

 

 

庭に実っていたブールーベリーの実を、間違って着けるとこでした。

 

 

 

「・・・・・・・・・・」

 

 

真面目とふざけの混合も少し得意でした。

 

 

これに懲りず、また当ブログをご訪問くださいませ/涙

 

 

 

 

2023.06.16

再会&話好き

 

 

梅雨の合間の、晴れた一日。

 

気持ちも、はれますね。

 

 

さて先日、県の物産貿易振興センターの総会に出席。

 

 

 

総会後は、懇親会に参加。

 

そこで普段は話す機会の無い方々と少しでもお話させて頂く機会を持ちたく、バタバタ腹ごしらえをしてあちこち移動。

 

その流れの中で、偶然にも私が30年前のサラリーマン時代に営業で訪問していた方々とそれ以来の再会。

 

今も当時も誰でも知っている企業の係長をその頃はされていましたが、今はそこの社長をされています。

 

 

「黒木君、君はお茶屋になるために***を辞める時に、うちと取引は少なかったけど律儀に挨拶に来てくれたよね・・・」

 

と言って頂き、その方の記憶の一部に自分がいることに驚いたところです。

 

 

また別の方は、当時お土産物の菓子販売をされていて、私は広告予算を頂きに通っておりました。

 

その方は、今は食品製造や卸をされていますが、立派な若い後継者(息子さん)を連れてこられていました。

 

 

「メディアに出たら、宮崎茶をよく宣伝して業界を引っ張っていってるよね」

 

 

と、これまた嬉しいお言葉。

(まだ、あまり引っ張れてはいないですが)

 

 

ところで、こうやって色んな方とお話しすると、私の便利な気質である、

 

「自分は場面にあわせて適度なお世辞は言うけれど、どなたかに褒めて頂く言葉は、お世辞じゃなく本心なんだろう」

 

と思う部分は健在であります!

 

 

 

そして別の、今は某企業の会長をされている方から、小学生時代にお父様を亡くされて、それからお母様とリヤカーを引いて行商をしてまわらてれていたこともお聞きしたり。

 

 

総会中に、県の香港事務所の職員の方の紹介で壇上に上がられた方を見た際は、

 

「あれこの人、お茶関係で会った事あるよな? でも香港事務所にはいないだろうから違うか・・・」

 

と思っておりましたが、懇親会でお話してみるとやはり元はお茶担当の方で、今は香港事務所の所長で頑張っておられました。

 

更に、宮崎に帰った際は、スーパーで我が社のお茶を買って頂いてる模様。

(とっても良い方である)

 

 

しかしお茶担当から香港という「異動」に、少し驚きました。

 

 

 

ま、そんなところです。

 

 

色んな人とのお話が好きなお茶屋の社長です・・・というお話でした。

 

 

 

 

 

2023.06.08

都内を歩いて

 

先日、久しぶりの都内出張をしてきました。

 

朝は8時前にビジホを出て電車に乗りましたが、(頭ではわかっていましたが)実際のその驚くほどのすし詰め圧迫状態にかなりヘトヘト汗カキカキでした。

 

 

それに右手にお湯を入れたポットや茶器、左手に水出し茶ボトルやサンプルを持っておりましたので、つり革も持てず、しかし左右前後からサラリーマン中心にオシクラマンジュー大合戦?!で倒れもせず。

 

 

電車を降りた時の疲労感は、かなりのものでした。

(これを毎日繰り返す都内のサラリーマンさん、OLさん等々お勤めの方は、なかなか最強の企業戦士だよな~)

 

 

そしてその少しヘビーな心身を軽くしてくれたのが、商談先に向かう途中で歩いた表参道のある通りの、とってもオッサレな景色でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修学旅行の中学生みたいに、写メを撮る59歳間近の私でした。

 

 

 

そして商談終了後は、新宿の宮崎物産館「KONNNE」にご挨拶。

 

 

その新宿駅に大きく貼られていた宮崎牛の看板広告。

 

 

 

地元宮崎でもCMが流れていましたが、これ全部、お肉なんですね。

 

どこの広告代理店が製作されたのだろう?

 

 

 

そんな都内行脚でした。

 

 

 

 

 

最新の投稿(5件)

向き合う

やるしかない

シャキッとせんか、自分!!

お届けする人、募集中です。

基本のキ

カテゴリー
お知らせ
社長ブログ
スタッフブログ
メディア掲載
日本茶NEWS

過去の記事